アメリカの食事事情 | アメリカ人は普段何を食べてる?

アメリカ食事事情アメリカ
だんご
だんご

アメリカの食事といえばハンバーガーやフライドポテトかな!

肥満体国とも言われるアメリカと言えば、肉が中心のボリューミーな食事を思い浮かべます。
実際にアメリカ人はどんな食生活をしているのでしょうか?


今回は日本とは全く違う、アメリカの食事事情に迫ります!

スポンサーリンク

アメリカの食事事情

夜がメイン



アメリカ人の標準的な食事はこんな感じです。

朝:シリアルやパンとコーヒー
昼:サンドウィッチやハンバーガー
夜:シンプルな肉料理かピザや中華のテイクアウト

だんご
だんご

夕飯がメインになるのは日本と一緒だね!

とにかくボリューミー

アメリカの食事の一番の特徴はそのデカさ。
本当になんでもデカい

1回の食事が日本の標準の2倍くらいはあります。
マクドナルドならアメリカのSサイズが日本のLサイズと同じくらいです。

食事はお腹いっぱいになることが目的

アメリカでは食事はお腹いっぱいになることが目的という考えが普通です。
食事は楽しむものという日本やフランスとは違います。

その為、味付けもかなり雑で、野菜も少なく栄養バランスが悪い食事が多いです。

まるさん
まるさん

肥満が多くなるわけだよね。

デザートがカラフルで激甘

アメリカのスイーツはドーナツにしろケーキにしろ、ビックリするほどカラフルです。
アメリカ人いわく、「カラフルなケーキの方がテンションあがるから」だそうです。

そしてどのデザートも泣きたいくらい甘いのも特徴です。

スポンサーリンク

アメリカの国民食

ハンバーガー

アメリカといえばやっぱりハンバーガー。
ファーストフード店はもちろん、高級レストランでも食べられます。

日本のハンバーガーに比べて、塩コショウのシンプルな味付けで肉が主役になっているのが特徴です。

ピザ

アメリカ人はほんとうによくピザを食べます。

アメリカのピザは生地が厚くて具材がいっぱいでボリュームたっぷりなタイプが主流です。
本場イタリアではピザは生地を楽しむもので、アメリカでは具を楽しむものという違いがあるようです。
パイナップル、サラミ、チキンなど、アメリカピザはあらゆる具材をのっけちゃいます。

だんご
だんご

フランスと日本のクレープの違いみたいだね!

ホットドック

ホットドックもアメリカのソウルフード!
野球観戦中の定番スナックですね。

パンにソーセージを挟んだシンプルなものから、チリソースや揚げ物を載せたボリューミーなものまでたくさん種類があります。

チリコンカルネ

移民が多いアメリカの特徴を表す国民食としてチリコンカルネがあります。
元々はメキシコからきた料理で、ひき肉、豆、トマト、玉ねぎなどを煮込んだ万能料理です。

トルティーヤチップスやフレンチフライと一緒に食べます。

マカロニチーズ

子供に人気な家庭料理がマカロニチーズ。
マカロニを茹でてチェダーチーズであえたシンプルな料理です。
レトルト食品の定番にもなっています。

スーパーマーケットについて

スーパーマーケットの特徴

日本にもコストコなどが進出しているのでイメージがある人もいるかもしれませんが、アメリカのスーパーマーケットはデカいです。

もちろん商品の種類も豊富です。
多民族国家なので、各国の食材もいろいろ売っています。

そして1つ1つがやっぱりデカい
飲み物も食材もバケツのようなサイズの商品がずらっと並びます。
逆に生鮮食品は量り売りが基本なので、少量から購入できます。

まるさん
まるさん

アメリカではまとめ買いをして収納スペースに置いておくのが一般的だよ。

スーパーの営業時間

アメリカは意外にも24時間営業のスーパーが多いです。
アメリカを代表するウォルマートなども24時間営業が基本です。

※コロナの影響で時短営業の店も増えてきているようです。

レストランについて

レストランの種類と料金

アメリカのレストランの種類は日本と似ていて、学生が利用するファーストフード、庶民レストランから高級レストランまでいろいろあります。
日本食はもちろん、世界各国の食事を楽しめます。

料金相場はファーストフードで800~1,000円、庶民レストランで1,500~2,000円、中級レストランで3,000~5,000円程度です。

だんご
だんご

チップについて

アメリカではチップは必須です。

ウェイターは最低時給に近い形で働いている人が多く、チップが大きな収入源になります。
よっぽど気にいらないことがなければ、食事代の15%を目安にチップを渡しましょう
クレジットカード払いの場合はレシートの下の方にチップ額を書き込んでから精算します。

一般的に各テーブルの担当者が決まっているので、オーダーする際にもできるだけ最初に対応したウェイターに声をかけるようにしましょう。

日本食は食べられる?

たいていの大きな町には日本食レストランが複数あり、日本食に困ることはありません
特に寿司、ラーメン、かつ丼などが人気です。
大都市ではカジュアルな定食屋から接待にも使われる超高級日本食レストランもあります。

日本人が多い都市なら日本食料品も比較的簡単に手に入ります。
ミツワマーケットプレイスという日系大型スーパーも存在します。
ただし値段は日本の2倍以上になります。

まとめ

アメリカ人は食事はお腹を膨らませるものという概念が強く、アメリカの食事の質が高いとは言えません
食事は肉が中心で冷凍食品やテイクアウトで済ませてしまうことも多く、栄養のバランスも悪いです。

ここ数年で食事に気を配る人が増え、レストランの質が上がってきているとも言われています。
また、世界各国の料理を楽しめるところがアメリカの食事の最大のメリットです。




タイトルとURLをコピーしました