オーストラリア永住権取得は難しい?ポイントテストって何?

オーストラリアで永住権取得オーストラリア
だんご
だんご

オーストラリアっていい国だよね~。永住する方法はないのかなぁ?

平和で温暖なオーストラリアは日本人にとって住みたい国ナンバーワンとも言われています。
ワーホリや語学留学から永住権を狙う人もたくさんいます。

では、オーストラリアの永住権を得るのはどのくらい難しいのでしょうか?
永住権取得のキーとなるポイントテスト制度についても解説します。

スポンサーリンク

オーストラリアの永住権取得はどのくらい難しい?

先進国の中での難易度はやや高め

永住権取得は、一般的には発展途上国よりも先進国の方が難易度はあがります。
オーストラリアの場合、先進国の中でも永住権取得がやや難しいほうだと言われています。

永住権取得がオーストラリアよりも簡単な国:カナダ、オランダ、ニュージーランド
永住権取得がオーストラリアよりも難しい国:ドイツ、アメリカ、スイス

オーストラリアでの永住権は「絶対に取れない」というほど難易度が高いわけではありません。
しかし、それなりの根性と努力が求められます。

  • 20代なら挑戦する価値は十分にあります。
  • 30代でも何かを犠牲にする覚悟があるなら、できます。
  • 40代以上になると難易度がグッと上がるので、工夫が必要です。
だんご
だんご

だんごは何歳なんだろう・・・

年々ハードルが上がっている

かつて移民政策で比較的簡単な条件で永住権を与えていました。
それが理由で「オーストラリアの永住権は比較的簡単」というイメージが残っているようです。

今は移民が増えすぎ、オーストラリア人の雇用を圧迫しはじめたことから移民政策に急ブレーキがかかってしまっています。
今、永住権が取得できるのはオーストラリアで人手不足の職種につく人や高いスキルを持った人材に限られてしまいます。

永住権取得が難しい理由

時間がかかる

永住権の取得条件が厳しいので条件をクリアする為に時間を要する
例えば、大学や大学院を卒業していることはもちろん、長年の職務経験やスキルを証明する必要があります。
永住権取得必須条件である語学力をつけるのも時間がかかります。

まるさん
まるさん

オーストラリアの大学卒業後に2年くらい就職すると永住権取得の可能性は高くなるけど大学行く前に英語力つけないとだしなぁ。

お金がかかる

オーストラリアは日本よりも物価の高い国です。

オーストラリアでの就学や就労は永住権に有利になりますが、安定した収入を得られない立場で渡航しても生活がなりたちません。
学費も専門学校で120万前後、大学で200万円前後かかるので、生活費とあわせると最初のステップである渡豪までにかなりの貯金が必要です。

政府の方針に振り回される

オーストラリアの移民政策は頻繁に変更されています。

特に2017年頃からは政策を厳格化し、移民を減らす傾向になってきました。
この変更により永住権取得計画が狂ってしまった人も少なくありません。

例えば、調理師や美容師はかつてオーストラリア移住計画におすすめの職業の代表とされていました。
ところが、これらの職業は今は永住権の申請対象から外されてしまいました。
永住権と取る為にオーストラリアで美容学校や調理師学校に通っていた学生は大幅な方向転換を迫られることになりました。

だんご
だんご

だんごも美容師目指してたのに!ショック!

スポンサーリンク

オーストラリア永住権取得までの最短ルート

オーストラリアで永住権を取得するルートはいくつもあり、その人の能力や学歴によっても大きく変わります。
そして年齢によっても出来ることが変わります。

ここでは「語学力なし」「スキルなし」「社会人経験なし」の人が永住権を取得するための最短ルートを考えてみました。

10代~20代の人

10代または20代はワーキングホリデーからのスタートが絶対におすすめです。
ワーキングホリデーは誰でもほぼ無条件で申請できます。
学校に通ってもよし、働いてもよしのワーホリは永住権への最短ルートになります。

努力が認められればワーホリ中にアルバイト先でビジネスビザを出してもらうこともできます。
最初からビジネスビザを発行しなくてはならない外国人よりも、まずはアルバイトとしてお試し採用できるワーホリの方が現地採用成功率は高かったりします。

ビジネスビザを取得して数年働ければ、永住権はグッと現実的になります。

まるさん
まるさん

アルバイトは「ビジネスビザを出せそうな会社」を選ぶのがおすすめだよ。

30代以上の人

ワーホリに行けない30代以上にとって永住権取得はかなりハードルが高いです。
それでもじっくり時間をかければ出来ないことはありません。
永住権取得に必要なものは若者と同じくスキルと経験ですが、これが足りない人はお金で買うしかありません。

1つの例として、大学卒の人がオーストラリア国内で博士号を習得すれば、かなり永住権に近づくことは可能です。
それには最低でも2年という月日と500万円以上の学費や生活費が必要になります。
また、大学院に入る為には高い英語スキルが必要なので、そもそも語学学校から始めないといけない人も多いでしょう。

だんご
だんご

若いうちに行動だね!

ポイントテストについて

オーストラリアの永住権取得方法で一番メジャーな方法はポイントテストによるものです。

ポイントテストとは?

ポイントテストとは「年齢」「英語力」「職務経験」「学歴」の総合点を算出する制度です。
このポイントテストが一定基準に達していると永住権の申請の条件を満たすことができます。

ただし、点数が足りているから自動的に永住権が発行されるわけではありません。
永住権には職業毎に決められた発行数があり、ポイントが高い人ほど取得の可能性は高くなります。

永住権取得に必要なスコア

2021年現在、最低の必要スコアは65点となっています。
65点というスコアはそんなにハードルが高くなさそうですが、しかし実際には75点程度ないと難しいと言われています。

CHECK
  • 日本語でポイントテストスコアを詳しく解説しているサイトhttps://www.ctsau.com/gsm/point.html
  • 最新情報はオーストラリア移民局の公式サイトを確認しよう!https://immi.homeaffairs.gov.au/help-support/tools/points-calculator
まるさん
まるさん

職業別の募集人数に応じてスコアが高い人から優先的にインビテーションが届くんだって。

45歳以上で永住権を狙う方法

ポイントテストには45歳までの年齢制限があります。
では45歳以上はどうやって永住権を狙うのでしょうか?

それはLabour Agreementという制度を使います。
簡単に言うと、雇用主と政府が直接交渉にて特別にビザを出してもらう方法です。
年齢や職業などあらゆる条件が撤廃される代わりに、「なぜその人じゃないといけないのか?」ということを証明する為の書類が多数必要になります。

つまり45歳以上の人は、普通のオーストラリア人には出来ない特別なスキルが必要ということです。

まとめ

オーストラリアの永住権取得には時間とお金がかかります

でもあなたがまだ20~30代で、本気で取り組む覚悟があるなら永住権取得の可能性は十分にあります。
40代になると、簡単には習得できない特別なスキルが必要になります。

まずはポイントテストをやってみて、自分がどこを伸ばさないといけないのかを明確にしましょう。
そのうえで就学なのか転職なのか、貯金を作ることからなのか?
自分の能力や年齢に応じた永住権取得計画を作ることが重要です。

しかしオーストラリアの移民政策は頻繁に変わるため、計画を固めすぎるのもリスクがあります。
まずは現地に行ってみて出来ることからやってみるという考えもアリです。
特に20代の人は最大3年暮らすことができるワーホリからのスタートがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました