ドイツの食事事情!冷たい食事を好むドイツ人の不思議な食生活

ドイツ食事事情ドイツ
だんご
だんご

ドイツ料理っていうとソーセージとビールだよね!

ドイツの食事と言えばまずソーセージを思い浮かべる人が多いと思いますが、一口でソーセージといってもドイツには日本では考えられないほどたくさんの種類があります。
ドイツの食事は地味ですがとても奥が深いのが特徴です。

また、ドイツ人のちょっと変わった食文化として、冷たい食事をとるというものがあります。

今回はヨーロッパのリーダー、ドイツの食事事情に迫ります!

スポンサーリンク

ドイツの食事事情

ドイツは冷たい食事が中心

日本では食事は温かいのが基本ですが、ドイツでは温かい食事は1日1回、お昼にしかとらないのが伝統です。

現代では少しずつ薄れている文化ではありますが、今でも冷たい食事が中心という人もたくさんいます。
冷たい食事はドイツ語でカルテスエッセンと呼ばれています。

ドイツ人の標準的な食事はこんな感じです

朝:シリアルやパンとコーヒー
昼:温かい肉料理
夜:パンとチーズとハム(カルテスエッセン)+ワインやビール

だんご
だんご

日本とはお昼と夜が正反対だね!

食事のバラエティが少ない

ドイツの食事にはほとんどバラエティがありません。

例えばお昼ならほとんど毎日ジャガイモと肉のコンビネーションです。
違いは焼いているのが揚げているのか、ソースがかかっているのか塩コショウなのが、程度の違いだったりします。

食事も合理的で堅実

ドイツ人といえばマジメで合理主義で有名ですが、食生活もその特徴が表れています。

夜は寝るだけだから軽くていい。
食事準備には手間をかけず、食後のリラックス時間を大事にする。

食事にお金や時間をかけるのは勿体ないと考えているようです。

まるさん
まるさん

ドイツ料理の見た目がイマイチなのも納得だね。

保存食が豊富

厳しい気候の影響で食材に乏しかったドイツでは保存食文化が発達しています。
ソーセージやザワークラウト、ピクルスなどがよく食卓に登場します。
保存食文化の影響か、食事の味付けは基本的にしょっぱいです。

ドイツらしい食材

パン

パンといえばまずはフランスですが、ドイツも1200種類以上のパンがあると言われています。
ドイツで一般的なパンはライ麦で作られていて固くて少し酸味があるのが特徴です。

大きなパンはBrot(ブロート)と呼ばれスライスして食べられます。
朝食によく出てくるのはBrötchen(ブロートヒェン)という小ぶりなパンになります。
その他、日本ではお菓子として食べられているプレッツェルもドイツ発祥です。

ソーセージ

ドイツの各地にオリジナルレシピのソーセージがあり全部で1500種類以上とも言われています。
ソーセージはドイツ語でWurst(ヴルスト)と呼ばれていて、大きく3種類にわけることができます。

Rohwurst(ロー・ヴルスト)というのは、生肉に塩や香辛料を加えて乾燥、熟成あるいはスモークさせた非加熱ソーセージです。
ペーストタイプとスライスタイプがあり、ペーストタイプはフランスでいうパテのようなもので、スライスタイプはサラミなどが該当します。

茹でソーセージという意味のBrühwurst(ブリュー・ヴルスト)は日本では一番馴染みがあるかも知れません。
フランクフルトの他、ミュンヘン名物の白ソーセージなどが代表的です。

最後にKochwurst(コッホ・ヴルスト)という、加熱処理した肉に内臓やスパイスなどを混ぜ込んで作った調理ソーセージがあります。

だんご
だんご

ドイツ人は年間30キロのソーセージを食べているんだって!

ザワークラウト

日本でもホットドックなどに入っていることがありますが、酢漬けのキャベツの千切り「ザワークラウト」はドイツには欠かせない保存食です。
お昼の温かい食事にも夜のカルテスエッセンにも頻繁に登場します。

ビール

もちろんビールの種類も豊富です。

一番メジャーなのはPilsner(ピルスナー)というラガービールです。
国内はもちろん、世界中で飲まれています。
バイエルン発祥のWeizen(ヴァイツェン)というまろやかな白ビールもおすすめです。
Schwarz(シュバルツ)というコクのある黒ビールは昔ドイツでは一番メジャーだったビールです。

ドイツ人の国民食

シュニッツェル

日本でいうトンカツを薄くしたようなメニューで、一般的には子牛が使われています。
子供から大人まで大好きなドイツを代表する国民食です。

まるさん
まるさん

これは日本人でも食べやすいメニューだね!

シュヴァイネブラーテン

ローストした豚をグレービーソース(肉汁ソース)で食べる料理です。
付け合わせは団子状に固めたジャガイモのクネーデルなどが定番です。

アイントプフ

ドイツ名物のソーセージにじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、レンズ豆などを入れて煮込んだ素朴な野菜スープ料理です。
ドイツを代表する家庭料理であり、各家庭によって味付けも様々です。

だんご
だんご

日本でいう鍋みたいなものだね!

ザウアーブラーテン

子牛やラム肉をワインビネガーで長期間漬け込み香辛料等で味を調えてから煮込んだ料理で、国民食の代表です。

アイスバイン

北部を代表する煮込み料理です。
塩漬けした豚肉と香味野菜、ハーブやスパイスと一緒に長時間煮込んだコラーゲンたっぷりな料理です。

メインメニューとしてだけでなく、スープ料理に入れたり、カルテスエッセンとして食べたりもします。

フリカデレ

日本でいうハンバーグみたいな料理です。
パンにはさんでサンドイッチにして食べるのがドイツ流!

シュトレン

ドイツのお菓子といえばシュトレン。
洋酒が染み込んだドライフルーツやナッツがたくさん練りこまれた菓子パンです。
クリスマスマーケットの定番です。

ケバブ

元々はトルコ発祥の料理ですが、ドイツにはトルコ移民が多く、ケバブはドイツの定番B級グルメになっています。
忙しい社会人などはケバブをランチにすることも多いようです。

スポンサーリンク

スーパーマーケットについて

スーパーマーケットの特徴

ドイツ語ではスーパーマルクトと言います。

他のヨーロッパ諸国同様、生鮮食品は量り売りがメインです。
中規模以上の店舗なら、総菜、ハム、チーズなどの量り売りコーナーもあります。

ペットボトルや瓶にはデポジットが加算され、専用の機械に返却するとお金が戻ってくるというエコなシステムもあります。

一般的なスーパーの他、オーガニック製品に特化したスーパーやインターナショナルな食材を主に取り扱うスーパーなども登場しています。

スーパーの営業時間

ドイツでは法律で日曜日、祝日は営業が禁止されていますので、休日はほとんどのスーパーが閉まっています
ガソリンスタンドや駅に併設している売店でちょっとしたものを買うことは出来ます。

営業時間は8時頃から20時頃までが標準ですが、都会では24時間営業のお店も存在します。

まるさん
まるさん

ドイツではREWEというスーパーが一番一般的だよ!

日本よりも安く手に入る食材

野菜や果物はだいたい日本よりも安く手に入ります。
酪農大国なので、肉や乳製品も安いです。

中でも驚くほど安いのがビール
メーカーにもよりますが、ミネラルウォーターよりも安いこともあります。

レストランについて

レストランの種類と料金

食事にお金をかけないことが基本のドイツでは外食は高くつきます

レストランだとメインが10~15ユーロ、そこにドリンクやチップを加算すると30ユーロ(3500円)近くかかってしまうのが普通です。

ドイツにはインビスという屋台がたくさんあります。
ケバブやソーセージなどが一般的で、4~5ユーロ(500円)くらいで軽食が取れます。

チップについて

ドイツではチップは必須です。
おおよそ10%を目安に支払いましょう。

セルフサービスが基本のファーストフードやカフェ、インビスではチップは不要です。

日本食は食べられる?

ドイツには日系企業がたくさんあり、特にフランクフルトやドュッセルドルフには日本人がたくさん住んでいます。
ラーメンから寿司まで、それなりの都会であればなんでも食べられます
日本食料品店も充実していますので、自炊もしやすいです。

だん
だん

移民が多いドイツでは世界各国のご飯が気軽に食べられるんだって!

まとめ

ドイツ人は食事にあまり重きを置いていません
堅実で合理的な料理はドイツ人の性格とそっくりですね。

あまり派手なご馳走はありませんが、ソーセージ1つ取ってもバラエティが豊かでディープな世界が広がっています

世界中の料理を気軽に食べられるので、ドイツ料理が好みじゃなくてもそれなりに選択肢はあります




タイトルとURLをコピーしました