Quality of Life Index 2021 | 世界の住みやすい国ランキング

世界お役立ち情報
だんご
だんご

日本って他の国と比べて暮らしやすい国なのかなぁ?

まるさん
まるさん

客観的なデータに基づいて生活の質を分析しているQuality of Life Indexをみてみよう!

先日NUMBEOによる、世界の国の生活の質をランキング化したQuality of Life Index 2021年上期(1月~6月)が発表されました。

日本は他の国と比べて生活しやすい国なんでしょうか?
留学や移住先探しの参考にもどうぞ!

スポンサーリンク

Quality of Life Indexって何?

Quality of Life Indexとは生活の質を表す指標と翻訳することができます。
下記の項目について調査して、総合的な住みやすさを数値化したものです。

購買力

ニューヨークを100としたときの購買力を表しています。
特定の都市での商品やサービスの購入における相対的な購買力を、その都市の平均給与に対して示します。

治安

NUMBEOのサイトユーザーからの意識調査に基づいて0-100で指標化されています。

医療

NUMBEOのサイトユーザーからの意識調査に基づいて0-100で指標化されています。

生活コスト

ニューヨークを100としたときの生活費水準を表しています。
指標が80の場合、ニューヨークより20%ほど生活コストが低い事を意味します。
家賃は含まれていません。

不動産価格と収入の比率

収入に対するアパート購入のしやすさを表す指標です。
数値が小さいほど不動産が取得しやすいことを意味します。

通勤にかかる時間

通勤による交通に費やされた時間、時間消費の不満の推定、交通のCO2消費の推定、および交通システムの全体的な非効率性の複合指数です。
数値が小さいほど通勤や交通にかかるストレスが小さいことを意味します。

公害

NUMBEOのサイトユーザーからの意識調査に基づいて0-100で指標化されています。

気候

特定の国の気候の好感度の推定値で、高い数値は過ごしやすい気温と低い湿度で一般的に住みやすい気候を表しています。

スポンサーリンク

住みやすい国ランキング

2021年は83の国で調査され、見事に1位に輝いたのはスイスでした!
そして気になる日本は・・・16位でした。

だんご
だんご

16位!日本はもっとランキング高いと思ったよ!

まるさん
まるさん

日本は2019年は12位、2018年は13位だったので、他の国に少しずつ追いつかれ追い越されている感じだね。

TOP25ランキング一覧表

順位総合評価購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
1スイス188.36102.7778.3874.08125.028.1828.6719.8680.05
2デンマーク186.2586.4373.7879.7988.537.0028.6921.2981.80
3オランダ180.2776.6572.8475.2878.937.2827.6425.3987.00
4フィンランド178.9580.1172.4176.1976.358.5728.9111.9956.64
5オーストラリア178.4191.0756.9777.8680.757.2734.8123.6992.70
6アイスランド177.6467.3076.2565.8599.676.1119.9015.9768.81
7オーストリア176.3668.6974.4676.9874.8710.9125.6720.4277.15
8ドイツ175.2489.8664.2173.4967.858.8831.2227.8182.82
9ニュージーランド173.6074.8957.1273.5976.317.7830.7223.7296.69
10ルクセンブルグ171.8187.7665.8772.9285.3013.0031.7923.2782.62
11ノルウェー171.7273.5566.2875.59103.568.0926.9318.0968.68
12エストニア171.1656.5876.2972.6853.779.3724.4419.7264.28
13スウェーデン170.1985.4452.0068.8275.897.7129.7718.4674.92
14オマーン168.8274.8779.6658.4249.645.4523.0237.2167.22
15スロベニア165.7452.0877.7265.1956.4011.6726.9322.6577.56
16日本164.0676.0177.8180.2181.1511.5939.9639.1085.27
17アメリカ163.6094.3252.1969.1170.554.0432.8739.2677.49
18スペイン163.4858.5066.6878.8556.649.2229.2839.7393.65
19リトアニア160.2952.8066.5870.9146.0410.4925.8126.6769.86
20ポルトガル159.8340.5470.0971.8550.6512.9229.3330.1997.81
21チェコ157.4954.8074.4875.3948.2013.7129.5836.3177.13
22カナダ157.2578.3458.1171.6971.457.2433.6928.5455.29
23イギリス156.9477.4753.9375.1170.649.4634.4040.1088.21
24アラブ
首長国連邦
156.9484.9384.7768.2258.944.4936.2349.9345.23
25クロアチア155.4139.8375.4163.9555.1813.5928.0730.8489.69

住みやすい国TOP5

※順位は以下の基準で表記しています。

購買力・・・高い順
治安・・・良い順
医療・・・良い順
生活コスト・・・高い順
不動産&収入比率・・・不動産取得しやすい順
通勤・・・良い順
公害・・・少ない順
気候・・・良い順

1位スイス
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
1位5位16位1位20位15位6位42位

世界1位になったスイスは経済が安定していて治安が良い点が特に評価されています。
生活コストは非常に高いですが給与水準も高いので、現地で働きながら暮らす前提であれば暮らしやすい国です。

ちょっと足を延ばせば大自然が拡がり、生活環境はとても良いと言えます。
ただし、山に囲まれたスイスでは冬は氷点下の厳しい寒さになります。

だんご
だんご

自然が好きで寒いのが大丈夫な人には最高の環境だね!

2位デンマーク
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
6位16位5位4位11位16位8位38位

2位のデンマークも経済の安定性や医療水準の高さが評価されています。
スイス同様、冬はかなり寒くなりますが夏は湿度が少なく快適に過ごせます。

まるさん
まるさん

ヨーロッパは他の国に遊びに行きやすいのも魅力の1つだよね!

3位オランダ
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
15位18位14位11位15位11位13位29位

経済、治安、医療、気候などあらゆる指標で悪いところが見つからない、いろんなバランスの取れている国がオランダです。

大麻や売春が合法の超リベラル大国のオランダですが、管理もしっかりしているので他のヨーロッパと比べても特別治安が悪いということはありません。
フリーランスビザが取得しやすいこともあり、ノマドワーカーにも人気が高い国です。

4位フィンランド
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
10位19位19位15位23位17位1位76位

フィンランドで特筆すべきは公害の少なさと気候の厳しさです。

超環境先進国と言われ、サステナブルな環境問題改善に国をあげて取り組んでいます。
国土の1/3が北極圏で、最南端の首都ヘルシンキでも冬は氷点下が当たり前、日照時間は5時間ほどしかありません。

だんご
だんご

暮らしやすい国4位なのに自殺率も高いんだって。冬の日照時間の短さが影響してるとも言われてるよ。

5位オーストラリア
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
3位50位7位10位14位43位11位15位

ヨーロッパ以外から唯一TOP5にランクインしたオーストラリア。
物価は高いけど自然が豊富で気候がよいオーストラリアはワーホリや語学留学でも大人気です。

先進国の中では交通網があまり発展していないのが残念なポイントです。
最近はアジア人差別が大きくなってきていることや就労ビザが取得しずらくなってきていることが気になります。

まるさん
まるさん

アジア系移民を受け入れすぎてしまったことでオーストラリア人の仕事が奪われつつあることがアジア人差別の背景にあるよ。

気になるあの国は?

日本
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
17位7位4位8位45位61位24位31位

83か国中、16位と微妙なランキングだった日本は治安の良さや医療など安全面は高い水準が維持されています。
一方で通勤にかかる時間や収入に対する不動産価格の高さなどが問題となっています。

気候の評価が低い理由は湿度の高さや自然災害の多さが影響しているものと思われます。

だんご
だんご

ご飯のおいしさも評価にいれたらもっとランキング上がるよね!

アメリカ
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
2位62位31位22位3位33位25位47位

総合評価17位と世界のリーダーでありながら他の先進国より遅れをとっているアメリカ。

経済力や購買力、特に不動産の取得のしやすさは高く評価されています。
一方で治安の悪さや医療水準の低さが問題となっています。

フランス
購買力治安医療生活
コスト
不動産&
収入比率
通勤公害気候
16位67位3位13位33位42位29位20位

なんとTOP25にも入れなかった先進国フランスは総合評価26位でした。

経済面や医療面では他の先進国に引けを取らないものの、治安面や通勤面で評価が低いです。
近年頻発したテロや大規模デモなどが影響していると思われます。
また大都市近郊の渋滞問題も深刻になっています。

まるさん
まるさん

パリでは大規模な交通規制や速度規制が行われいるよ。

まとめ

世界の住みやすい国ランキングTOP5のうち4つがランクインと、ヨーロッパの生活水準の高さを感じる結果となりました。
一方ヨーロッパは物価も高いので、ヨーロッパで生活する為には安定した収入源を得ることが必須になります。

コロナや頻発するテロの影響でランキングも年々変動しています。

調査が開始された2012年と比べると日本は治安が1位→7位、医療が1位→4位と、日本の特徴である安全面の水準が下がってきていることが気になります。


海外に移住するときは多角的な面から渡航先を選ぶ必要があります。
今回のランキングも参考にしつつ、それぞれの目的と好みにあった渡航先を探してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました