マルタ共和国VSフィリピン比較!英語留学するならどっち!?

フィリピンとマルタ英語留学どっちがおすすめ?フィリピン

英語留学と言えば、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ辺りが有名ですね。
そこに最近になった人気が急上昇してきたのがマルタ共和国とフィリピン!


共通するキャッチフレーズは「費用が安い」と「海がきれい」ではないでしょうか?


このキャッチフレーズは真実なんでしょうか?
もしどちらかに行くならマルタとフィリピン、どっちがよりおすすめでしょうか?

そんな疑問に回答していきます!

まるさん
まるさん

マルタ共和国、フィリピン共に1ヶ月以上滞在していた私が2つの国を比較しつつ、キャッチフレーズの真実に迫りたいと思います!

スポンサーリンク

国の概要

マルタ共和国の概要

日本ではまだまだ知名度が低いマルタ共和国は、イタリアシチリア島の南に位置する地中海に囲まれた小さな島です。

欧米人のバカンス先、リタイヤメント移住国としてもメジャーで、まさに日本人にとってのフィリピンのような位置づけです。

歴史の中で戦場となったり支配されることの多かったこの島には史跡が多く残されています。

まるさん
まるさん

面積は東京23区の半分くらいしかないけど、人口密度が高いのでちょっとゴチャゴチャしている印象があるよ。

フィリピンの概要

日本から比較的近いフィリピンは、行ったことがなくてもどんな国かイメージ出来る人が多いのではないでしょうか?

7000を超える島からなる群島国家で、熱帯性気候に属するまさに南の島というイメージです。

都市圏での人口集中が問題になっており、首都マニラは東京とほぼ同じくらいの人口密度になっています。

スポンサーリンク

マルタ共和国とフィリピンの違い

物価の違い

物価はマルタ共和国に比べフィリピンの方が圧倒的に安いです。
ただし、日本のような快適な暮らしを求めるならフィリピンも同じくらいの生活費がかかります。

マルタ共和国の物価

全体的な物価感でいうと、日本とほぼ同じです。
つまり他の西欧諸国に比べれば少し安めと言えます。

ヨーロッパ全体に言える事ですが、スーパーの食料品はさほど高くなくても外食をすると日本よりも高い傾向があり、カジュアルなレストランでも3000円くらいします。

留学生の場合はアパートシェアが一般的で、家賃相場は1部屋で4~5万程度です。
エージェントを使う場合は手数料が上乗せされる分、もうちょっと高いです。

フィリピンの物価

フィリピンの物価は日本の1/3くらいです。
世界でもトップレベルの安さですね。


外食は若干高いですが、それでもファーストフードやローカルフードなら300円前後でお腹いっぱいになります。
一方日本食レストランなど外国人観光客狙いのレストランは1000円以上するのが普通です。

ローカルのように暮らすのか、外国人らしく暮らすのか、求めるライフスタイルで生活費は何倍も変わってきます

海の違い

エリアにもよりますが、全体的な海の満足度はマルタ島よりフィリピンの方が高いです。

マルタ共和国の海

海に期待を寄せている人に残念なお知らせです。

マルタ島の海はメチャクチャ美しいというわけではありません

そしてほとんどのビーチが白砂ではなく、ゴツゴツの岩場がほとんどです。
コゾ島やコミノ島などの離島まで行けばキレイな海も見れますが、住むのはマルタ島ですよね?

学校帰りにビーチに寝そべって美しい海を見ながらのんびり・・・というイメージを持っている人はちょっとガッカリするかも知れません

まるさん
まるさん

インターネット上にあげられている美しい写真は、コミノ島の写真か、極端に画像加工されたものがほとんどだよ。

フィリピンの海

フィリピンは町中の海とリゾートエリアの海にかなりの差があります。
例えばマニラ市内やセブシティの海は東京湾と変わらないと言っていいほど残念感があります。

しかし大都会を離れれば世界トップレベルに近い透明度を誇る場所もあります

まるさん
まるさん

海だけを求めて40か国巡った元プロダイバーの私がおススメできる海のひとつだよ!

英語の違い

マルタ共和国もフィリピンも英語ネイティブの国ではありません
ローカルが英語を話せない、または訛りが強い事も多々あります。

フィリピンはマンツーマンレッスンが基本なので、勉強環境においてはフィリピンが一歩リードですが、日本人の少なさではマルタに軍配があがりそうです。

マルタ共和国の英語

マルタの公用語はマルタ語と英語となっていますが、残念ながら現地人のネイティブ言語はマルタ語です。
マルタ人の話す英語はイタリア訛りとよく似ていて、かなり癖があります。


マルタにはイギリス人も多く移住している為、語学学校ではイギリス人の先生も多く働いています。
MaltalinguaLSCなどイギリス資本の語学学校を選ぶとイギリス人講師に当たる確率が上がりそうです。


夏の間は日本人の割合が少なめなので狙い目です。

まるさん
まるさん

クラスのレベルが上がれば上がるほど日本人率は下がるから出国前にも出来るだけレベルアップしておこう!

フィリピンの英語

英語ネイティブ???フィリピン留学前に知っておきたい真実」に詳しく書いたのですが、フィリピンも英語ネイティブの国ではありません。

さすがに語学学校の先生は訛りはあれどペラペラ話しますが、一歩学校をでれば英語が通じないこともめずらしくないです。


フィリピンの語学学校はマンツーマンが基本なので自分の学習ペースを作りやすく質問がしやすい、という意味では初心者には向いているかも知れません。

環境の違い

治安の良さや住みやすさにおいてはマルタ共和国の方が一歩リードしています。

マルタ共和国はヨーロッパの一部であり、教育面や文化面も発達しています。
一方フィリピンは発展途上国ですので、日本の常識では片づけられない部分はたくさんあります。

マルタ共和国の環境

ヨーロッパに位置するマルタは日本人と常識が似ている部分も多く、住みやすさはかなり高いと言えます。


マルタは夜中に1人で出歩けるほど治安がいいです。
置き引きやスリ程度の軽犯罪は日本にいるときより気を付ける必要がありますが、重犯罪は滅多におきません。


ヨーロッパ各国からの格安フライトも充実しているので、留学前後にヨーロッパ旅行に行きやすいのもポイント高いですね。


マルタには史跡が多く世界遺産にも登録されていますが、似たような雰囲気の場所が多いのでよっぽど歴史に興味がなければ飽きてしまいます。
町は無機質な雰囲気で、お世辞にも美しい街並みとは言い難いです。


遊びのバラエティは多くないですが、安心感と安定感のある国と言えます。
夏になるとバカンスの欧米人が増えるので、どんな風に過ごしたいのかをよく考えて渡航時期を決めた方がいいでしょう。

フィリピンの環境

フィリピンは常夏なので寒いのが苦手な人は時期を選ばず行けるのがいいですね。
島ごとに違う雰囲気があるので、アイランドホッピングも楽しいです。

デメリットと言えば食事がおいしくないこと。
脂っこい肉料理が中心で野菜が充実していません。

そして地域によっては治安が悪いのも残念ポイントですね。
比較的治安が良いと言われているリゾートエリアでも置き引きやスリなどの軽犯罪は日常茶飯事なので気を引き締めて行動しましょう。

だんご
だんご

良く「セブ島」として紹介される写真は「セブシティ」じゃなくて、セブシティから繋がる「マクタン島」なんだって!

リゾートを満喫したいならマクタン島にある語学学校を選んだ方が良さそうだね!

マルタとフィリピン、英語留学するならどっち?

今までの内容を表にまとめてみました。

マルタ共和国フィリピン
物価日本と同じくらい日本の1/3~同じくらい
(*生活スタイルによる)
まぁまぁキレイ大都市以外はキレイ
英語訛ってる
(*イギリス人の先生もいる)
グループレッスン
訛ってる
マンツーマンレッスン
環境ヨーロッパ旅行に行きやすい
治安が良く住みやすい
夏と海を満喫できる
ご飯が美味しくない
場所によっては治安が悪い

結論ですが、英語を勉強することが最大の目的であるならば、どっちもおすすめはしません

だんご
だんご

Oh my だんごー!そうきたー!

ですが、英語に触れつつ楽しい海外生活を送ることが目的ならばフィリピンを個人的にはおすすめします。
日本の生活費レベルでも楽しいリゾートライフを過ごせるでしょう。

マルタ共和国も決して悪い国ではありません。
ただコスパはフィリピンに劣るイメージです。
ヨーロッパには歴史と文化が融合する素晴らしい場所がたくさんありますので、マルタに留学する人はヨーロッパ旅行にたっぷり時間と予算を確保したいですね!

タイトルとURLをコピーしました