日本と海外はこんなに違う!?英語履歴書の書き方

日本と海外履歴書書き方の違い仕事&海外就職
だんご
だんご

海外の現地企業で働きたくて求人に応募しまくっているのに全然返事がこない



そんなふうに焦っている人、大丈夫です!
最初はみんなそんなもんです。


私が初めて海外で就活をした時も英語履歴書を送りまくりましたが、返事はほとんど貰えませんでした。
でも、日本と海外の履歴書の書き方の違いを理解してからは書類選考で落とされることはほとんどなくなりました。


更に私自身が外国人採用をする立場になって、英語力やスキルではない部分を抜きにして「この人に会ってみたい」と思える履歴書とそうでないものの違いを明確に感じるようになりました。

まるさん
まるさん

初めて英語履歴書を書く人、海外での就職活動が上手くいっていない人はこの記事を読んで英語履歴書の書き方のコツをつかんでいってね。

返信率がグッと上がると思うよ!

スポンサーリンク

海外就職用!英語履歴書の書き方

履歴書の形式

日本ではよく本屋さんやコンビニで売られている「履歴書」を購入して、穴埋めをしたものを提出しますよね。
海外ではそのような予め準備されたフォーマットを利用することは滅多にありません。

応募者が内容を自分で考え、自由な形式で作成します。

各々が自由に作成した履歴書だからこそ、「個性」をアピールでき、スキルを見せどころにもなります。

まるさん
まるさん

あまりゴチャゴチャした装飾は好ましくないですが、デザインが関わる職業であれば、敢えてちょっとオシャレに仕上げてみると印象に残りやすくなりますよ。

履歴書(レジュメ)とカバーレターの違い

日本の履歴書フォーマットには通常「自己PR・志望動機」と書かれた小さな枠がありますね。
海外では「履歴書」と「自己PR・志望動機」は一般的に別々のドキュメントとして提出します。

履歴書は学歴、職歴、資格取得などの時系列を伴う履歴を書くものです。

一方「自己PR・志望動機」はカバーレターと言われ、別のドキュメントして作成します。

まるさん
まるさん

レジュメは主にアメリカの言い方で、イギリスではCV(シーヴィー)と言われているよ!

英語の履歴書に書く内容

フォーマットは自由、といいましたが、それでも必ず書くべき内容はあります。

履歴書に書くこと① 個人情報

名前、性別、年齢、現住所、連絡先(メール)は最低限記載しましょう。

現地での住所が定まっていない場合は、日本の住所や滞在中のホテル名を書いてもOKです。

英語での住所の書き方は日本語の書き方と違うので注意してください。

だんご
だんご

だんごの家は「まるさん県だんご市8-8-8」だから、「8-8-8, Dango, Marusan, Japan 」 って書くんだって!

履歴書に書くこと② 学歴

学歴を省略するのはあまり望ましくはありません。
とは言え、日本のように中学校や高校まで書く必要もないです。

応募する仕事に直接リンクするような学校であれば多少遡って書いてもいいのですが、通常は最終学歴のみを記載します。

ビザのスポンサーシップが必要な場合は「学位」取得済みか否かは大事なポイントですので忘れずに書きましょう。

履歴書に書くこと③ 職歴

単純に会社名やポジションを書くだけではダメです。
どんなプロジェクトに取り組んできたのか、何を達成したのかと言った具体的な内容を書いてください。

履歴書に書くこと④ スキル・資格

応募する会社に合ったスキルや資格があれば記載しましょう。

特に外国人が仕事に応募する場合は語学スキルがどのくらいあるのかは書いた方が良いです。


日本でしか知られていない民間資格は書かない方がいいですが、どうしてもアピールしたい場合は書きたい日本の資格が海外で知られている資格と比べてどの水準なのかを明確にしましょう。

例えば、英検準1級を持っていれば 
【Eiken grade pre.1 (Approx: TOEIC 750-850)】
という書き方がいいと思います。

まるさん
まるさん

履歴書は読む側の立場になって書くことが大事だよ!

履歴書に書く項目の順番

こちらも個々の自由ではありますが、基本的には「アピールしたい」順に書く方が有利です。

例えば、応募する職種の仕事経験はないけど、独学で資格を取得したような場合は「スキル」から書き始めるのもアリです。

学歴や職歴などのヒストリーは新しい方を上に書くのが一般的です。

だんご
だんご

だんごは学歴も職歴もないから、人間に出来ない特殊スキルを最初に書いてみよう

スポンサーリンク

英語履歴書を書く上で気を付ける点

自己PR・志望動機=カバーレターを重視する

自己PR欄は日本の市販履歴書だと数行程度の小さなスペースしか設けられていないことが多いですが、海外では「自己PR・志望動機」を最重要視します。

応募者がどのくらい仕事に対する意欲があるのか、その仕事をこなすだけの能力があるのか、その全てがカバーレターに詰め込まれている必要があります。

カバーレターのない履歴書はまず受からないと思った方がいいです。

仕事と無関係な情報は書かない

応募する仕事と関係のない情報は極力書かないようにしましょう。

限られたスペース・限られた時間の中で最大限のアピールが出来ることも仕事スキルのうちの一つだと考えられます。

特に欧米では仕事効率を重視する考えが強いので意識してください。

採用者が隅から隅まで抜かりなく目を通してくれているとは考えない方がいいです。
情報が多ければ多い分、本当に読んで欲しい内容を見つけてもらえなくなる可能性は高くなります。

まるさん
まるさん

長すぎる履歴書って読む気、失くすからね。

謙遜をしない

日本文化では「謙遜・遠慮は良い事」と捉えられることも多いですね。
海外は全く逆です。

「まだまだ勉強中の身でご迷惑をかけることも多いと思いますが・・・」なんて言ったらほぼアウトです。
自分を雇ったらどれだけ得かを全力でアピールしてください。

英語ネイティブに添削を頼まない

良くネイティブの友達に代理で書いてもらう人も多いのですが、これはNGです。
辞書やスマホを引っ張り出して分からない単語を調べたりする努力は必要ですが、書いた履歴書をネイティブに添削してもらうのは止めましょう

履歴書がいくら完璧な英語で書かれていても、面接を受けるのも仕事をするのも結局は自分です。
全力で努力して書いた履歴書でも英語力が原因で落とされるのならば、どちらにせよ面接で落とされます。

ただし、スペルミスやフォント崩れなどは単なるケアレスミスなので、書き終えたあとのダブルチェックは念入りにやりましょう。

まとめ

英語履歴書の書き方について色々書きましたが、一番大事なポイントは以下3つになります。

英語履歴書の大事なポイント
  1. カバーレター(自己PR・志望動機)を最重視して謙遜せずに思いっきりアピールする
  2. 見て欲しい項目から順に並べ、応募する仕事と無関係な情報は極力書かない
  3. ネイティブチェックは不要だけど、スペルミスやフォント崩れのチェックなどは丁寧にやる



これを注意するだけでも返信率が上がりますよ!
Good luck!!

だんご
だんご

情熱と丁寧さが大事ってことだね!

まるさん
まるさん

海外での仕事探し方法は「海外の仕事情報の探し方【求人サイト&SNSまとめ】」という記事も参考にしてみてね。

タイトルとURLをコピーしました