フランスの食事事情!意外と質素なフランス人の食生活を覗いてみよう

フランス食事事情フランス
だんご
だんご

フランス料理ってなんだか高そう・・・

まるさん
まるさん

日本では高級なイメージがあるフランス料理だけど、実はすごく質素でシンプルだったりするんだよ。



留学やワーホリで現地の生活を楽しむには食事ってとっても大事ですよね!

今回は意外と勘違いされているフランスの食事事情について、フランス人の相方の話をもとにまとめてみました!

スポンサーリンク

フランスの食事事情

フランス人の食生活は意外と質素

フランス人というと毎日のようにゴージャスな食事にワインというイメージがあるかも知れませんが、実は食事は意外なほど質素です。

例えば、日中働いている社会人だとこんなメニューが普通だったりします。

朝:パンとコーヒー。
昼:パスタやサンドイッチ。
夜:チーズとスープとキッシュ、それとデザート。


ボリュームが欲しい人はステーキとフレンチフライのコンビも大好きですね。
準備や片付けに時間がかからないシンプルなものを食べ、足りなければフルーツで補ったりします。

普段が質素な代わりに週末になるとご馳走を楽しむ人も多いです。
親戚や友達を招いてパーティをしたり、外食でフルコースディナーをしたりと、オンオフがハッキリしているのがフランス流です。

フランスらしい食材

パン

フランス人のパンに対する愛情は物凄いです。

昼夜はパスタや米を取ることも多いですが、フランスの朝はパンから始まるといっても過言ではありません。
普通の家庭では朝イチで近所のパン屋に焼き立てのバゲットを買いに行きます。
忙しい社会人はカフェでクロワッサンやパンオショコラをカジってから出勤する人も多いです。

パンのお供(バター、チーズ、パテ、リエットなど)

パンに対する愛情がアツいなら、パンのお供への愛情も同じくアツいです。
バター、チーズなど日本でもよくパンと一緒に食べるものもあれば、パテやリエットといったパンに塗るペーストも家庭の冷蔵庫に欠かせない一品です。

だんご
だんご

日本人でいう梅干しや佃煮みたいな存在だね!



バゲットに生ハムやサラミを挟んでバターを塗ったシンプルなサンドイッチも人気です。
フランスではサラミのことをソシソンといいます。

フランスは肉をよく食べます。
牛、豚、鶏なんでもよく食べますが、鴨肉、子牛、子羊なども日常的に食べます

フランスと言えばフォアグラが有名ですね。
フォアグラというと高級なイメージですが、フランスでは1ユーロ程度のフォアグラ缶詰がスーパーで手に入るので、庶民でも簡単に食べることができます。

ワイン

フランスの飲み物と言えばやっぱりワイン。
アルコールが嫌いでなければ、毎夜当たり前のようにテーブルに並びます。
ビールよりワインを飲んでいる人の方が圧倒的に多いイメージですね。

フランス人の国民食

庶民レストランはもちろん、スーパーのレンチンコーナーでも充実していて、日常的によく食べている国民食を紹介します。

ステック・フリット

フランス発祥の食事ではないですが、ステーキ&フレンチフライはフランスの国民食と言えるくらいよく食べられています。
牛の他に子牛(ヴィール)や鴨(カナール)も定番です。

ブッフ・ブルギニョン

いわゆるビーフシチューです。
日本のレシピに比べ赤ワインが効いていて大人の味です。

アッシパルマンティエ

私が大好きなジャガイモとひき肉をレイヤーにしてオーブンで焼き上げる料理です。
イギリスのシェパーズパイと同じようなものですね。
肉は鶏でも牛でも何でもいいのですが、フランスでは鴨肉を使った高級版があり、これがとても美味しいです。

まるさん
まるさん

鴨バージョンはスーパーのレンチンコーナーでも売っているから是非試してみてね!

クスクス

元々はアフリカの料理ですが、アフリカからの移民が多いフランスでは定番メニューで、学校給食にも出てくるそうです。
プチプチとした触感とサッパリ感が病みつきになります。

キッシュ

日本でもお馴染みのキッシュはフランスの国民食です。
レストランというより、カフェの軽食でよく食べられています。

クレープ

フランスで絶対に忘れちゃいけないのがクレープ。
フランス人にクレープを語らせると朝になっちゃうほどみんな大好きです。
クリームもフルーツもたっぷりの日本のクレープとはずいぶん違い、砂糖やバターまたは少量のフルーツでシンプルにクレープの皮そのものを楽しみます。

スポンサーリンク

スーパーマーケットについて

スーパーマーケットの特徴

日本のスーパーマーケットとの一番大きな違いが生鮮食品の量り売りです。
野菜、果物、時には肉や魚などの生鮮食品は必要な分だけ取り分けて重さに応じて支払います
生鮮食品のコーナーには料金シールを発行する量りが用意されているので、レジに行く前に忘れずに印刷をしましょう。

生ハムやパテなどのお惣菜も係の人に「100gください」と言えば、切り分けてくれます。

スーパーの営業時間

フランスのスーパーは日曜日は基本的にお休みになります。
また24時間やっているスーパーはほとんどなく、早いところは20時くらいに閉まってしまいます。

まるさん
まるさん

パリの中心部にはMONOP’やCarrefour Cityといったコンビニのような小さなスーパーが夜遅くまで営業しているよ。


日本よりも安く手に入る食材

フランスで日本よりも特に安く手に入るのは乳製品と肉製品です。
チーズや生ハム、パテといったフランスの名物はお値段も安く、種類も豊富です。

フランスのスーパーは日本と比べBIO(オーガニック)製品やベジタリアン製品がすごく充実しています。
日本では高いハーブ類なんかも気軽に購入できるのが嬉しいです。

スーパーでもパンコーナーは充実していて、半生のバゲットが1本50~100円程度で購入できます。

レストランについて

レストランの種類と料金

レストランの種類も豊富で、フランス料理はもちろん、世界各国の料理が食べられます。

庶民が行くような家庭的なレストランはビストロと呼ばれています
ランチが10ユーロ前後、ディナーが20ユーロ前後(ドリンク別)が平均的な相場です。

日本でも人気のあるPaulのようなカフェでも軽食をとることができ、ドリンク込みで8~10ユーロ程度になります。
マクドナルドのようなファーストフードは5ユーロ前後で、日本よりやや割高感があります。

もちろん100ユーロ以上する高級レストランもたくさんありますよ。

まるさん
まるさん

フランス人はテラス席が大好きなんだよ。

チップについて

フランスのレストランは10%程度のサービス料が最初から計算されているケースもあります
サービス料が含まれている場合はチップを払う必要はありませんが、細かいおつりが出ない程度に払う人が多いです。
例えば19.25ユーロなら20ユーロ札を置いて出るなどです。

サービスチャージが含まれていない場合は、5~10%程度でキリの良い金額を残すのが一般的です。

日本食は食べられる?

フランスにはアジア人も多いので、中華や日本食も気軽に食べられます

カジュアルレストランでラーメンや丼メニューを食べるなら10ユーロ程度ですが、50ユーロ以上かかるような本格的な日本食レストランもあります。

中華食材のお店は地方都市でも簡単に見つけることができます。
パリには中華街の他、日本食レストランがずらっと並ぶエリアも存在します。

だんご
だんご

日本人街はオペラ駅のすぐ近くにあるんだよ。


まとめ

海外旅行にしても留学・ワーホリにしても、現地での食事は楽しみの一つですよね。
焼き立てのクロワッサン買って公園で本を読みながらカジったら、気分はもうフランス人!

地元の人たちが行くスーパーに通って日本では味わえない本物のフランス料理を楽しんできてください。

タイトルとURLをコピーしました