海外生活でのお金管理と超お得な海外送金!留学・ワーホリ必見!

海外生活のお金管理渡航準備
だんご
だんご

海外生活中のお金の管理ってめんどくさそう~。
一番安全でお得な方法だけをサクッと教えて欲しいよ~。

って思っている方!

私が海外で実際にやっていた、一番シンプルでお得なお金管理・運用方法を具体的に解説していきます。

スポンサーリンク

海外生活のお金管理 準備編

ワーホリや留学など初めて海外に住むときは、お金の管理が一番心配ですよね。
一番安全&お得にお金の管理をする方法をご紹介します。


留学前にやることは2つ。

  1. クレジットカードと少額の現金を準備
  2. 海外送金アプリTransferwiseのアカウントを作成

クレジットカードと少額の現金を準備

渡航前に準備するものはクレジットカード2枚と少額の現金」だけです。

クレジットカード

クレジットカードは1枚でもいいのですが、失くしてしまったり盗まれてしまったときに1枚も使えるクレジットカードがないのはさすがに不便です。

「ショッピングに強いカード」「海外旅行保険に強いカード」「キャッシングに強いカード」など得意分野の異なるカードがいろいろあるので、違う役割のカードを2枚用意すると便利です。

海外で使えるデビットカードや国際キャッシュカードも出回っていますが、クレジットカードを強くおすすめします。
ポイントやマイルの還元率が高く、万が一の時の保証もクレジットカードが一番充実しているからです。

だんご
だんご

どんなクレジットカードを持っていけばいいの?

クレジットカードはVisaブランドがベストです。
世界中での取り扱い数が圧倒的で、どの国でも困ることがないからです。
MasterやAmexならOKですが、海外ではほとんど利用できないJCBだけは避けましょうね。


カードを選ぶポイントは人それぞれなので好きなものを選べばいいと思いますが、選択肢が多すぎて迷う!って人は以下を参考にしてください。

クレジットカード、迷ったらコレ

✔海外でも国内でも便利!カードに年会費なんて払いたくない!って人は楽天カード

✔ マイルが溜まりやすい&使いやすいセゾンマイレージプラスカード

✔ 高い年会費払っても世界中でいろんな特典を受けたい!って人はSPGアメックスカード

まるさん
まるさん

迷ったら年会費が無料で日本国内でも使いやすい楽天カードが一番無難だね。

現金

渡航先の物価にもよりますが、現金は日本円で1~2万円、現地通貨で3~5万円程を目安に準備しましょう。

これは万が一クレジットカードが使えなくなったり盗まれた場合でも、トラブル対応している間に生活を続ける為のお金です。

海外、特にキャッシュレスが進んでいる欧米では数千円を超える現金を持ち歩く人はほとんどいません。
心配だからと言って大量の現金を持ち歩くのは止めましょう

まるさん
まるさん

多くの現金を持ち歩く習慣がある日本人は、いろんな国で強盗に目つけられているんだよ。

だんご
だんご

だんごはパンティの中に500円を隠しているよ。うふふ。

Transferwiseのアカウントを作成

キャッシングなども利用すればクレジットカードだけで生活は出来ますが、返済が遅れれば高くつくし、いちいち繰り上げ返済手続きなどをするのも不便ですよね。

そこで超便利な海外送金方法をご紹介します。


その名はTransferwise!!


何がすごいかというと、送金手数料がめちゃくちゃ安いんです。
銀行の海外送金というと3,000~5,000円くらい手数料が取られますが、このTransferwiseだと数百円しかかかりません!

隠れコストも全くなく、スマホ1つで送金が出来る手軽さ、本当に有り難いサービスが出来たものです。

だんご
だんご

公式サイト公式サイト公式サイトで換金シミュレーションが出来るので試してみよう!

このTrasferwise、アカウント作成は日本国内にいる時しか出来ないので出国前に登録を済ませましょう。

あとは海外に行ってからTransferwiseを使って自分の現地口座へ送金するだけです。

※2021年2月追記:Transferwiseでデビットカードが作れるようになったので、現地で銀行口座を作らなくても自由に外貨を出し入れできるようになりました!

スポンサーリンク

海外生活のお金管理 実践編

ここからは実際に現地についてからの管理についてです。

出来るだけクレジットカード払いにする

単純に海外送金や現金両替を繰り返すよりもシンプルにクレジットカード払いが一番トータルコストが低いです。
クレジットカード払い出来るものは出来るだけカード払いで済ませましょう。


ワーホリや留学の場合、語学学校に通う人も多いと思います。
こういった大きな出費も出来ればクレジットカードで払ってしまいましょう。

銀行口座を作る

絶対必要というわけではありませんが、3ヶ月以上同じ国に住むときは現地で銀行口座を作ってしまった方が便利です。

国によっては口座開設に何週間もかかる場合があります。
家賃の引落しや給料の振込などでも求められる場合があるので、着いたら出来るだけ早めに手続きをしてしまいましょう。

※2021年2月追記:Transferwiseでデビットカードが作れるようになったので、現地で銀行口座を作らなくても自由に外貨を出し入れできるようになりました!

必要に応じてTransferwiseで送金をする

現地に銀行口座を作れたら、Transferwiseから自分の現地口座へ海外送金をすることができます。

送金回数は少ないほどコストは少なくすむので、数ヶ月分まとめて送金したいですね。

銀行口座が作れないならキャッシング

もし何かしらの理由で渡航国に銀行口座が作れないなら、クレジットカードによるキャッシングが便利です。
Visaブランドであれば大抵どこでもATMからお金を引き出せます。

キャッシング=借金なので返済が遅れれば遅れるほどコストはかかりますが、繰り上げ返済などを使えば最強Transferwiseよりも安くお金を手に入れることができます。

※2021年2月追記:Transferwiseでデビットカードが作れるようになったので、現地で銀行口座を作らなくても自由に外貨を出し入れできるようになりました!

まるさん
まるさん

キャッシングメインなら繰り上げ返済ができるセディナカードJiyu!da!や手数料が最強に安いエポスカードがおすすめ!

まとめ

ここまで書いたことをまとめます!


海外でのお金の管理にはクレジットカード2枚と少額の現金で十分です。
3ヶ月程度の留学やワーホリならこれ以上の準備は必要ありません。

半年以上の留学やワーホリの人は、現地で銀行口座を開設しましょう。
日本の銀行口座から海外の銀行口座へ安く早く送金できるTransferwiseのアカウントを出国前に作っておくと便利です。

※2021年2月追記:Transferwiseでデビットカードが作れるようになったので、現地で銀行口座を作らなくても自由に外貨を出し入れできるようになりました!



移動中も滞在中も貴重品は分散させて管理し、万が一に備えましょう。

だんご
だんご

安全安心でレッツコロコロー!

タイトルとURLをコピーしました