メリットだらけのオンライン英会話?実はデメリットも多かった!

オンライン英会話メリットとデメリット語学学習

コロナがキッカケで需要が爆増しているというオンライン英会話
月6,000円程度からマンツーマンが受けられるということで、利用されている方も多いのではないでしょうか?


オンライン英会話にはメリットが多いように思いますが、留学や通学式の英会話教室と比べたデメリットはないのでしょうか?
複数のオンライン英会話教室に通って徹底調査してみました!

スポンサーリンク

オンライン英会話のメリット

オンライン英会話のメリットは運営会社のブログ等でも多く語られているのでイメージがつきやすいと思いますが、主に以下のようなメリットがあげられます。

オンライン英会話のメリット
  1. 費用がメチャクチャ安い!
  2. 通学の手間がない
  3. 思い立ったらすぐレッスンを受けられる
  4. いろんな国の人と話せる


ただし、メリットの中には「隠れたデメリット」が存在していることも・・・。

1.費用がメチャクチャ安い!

オンライン英会話の最大のメリットは費用が安いこと


月6,000円程度、1時間あたり500円程度でマンツーマンレッスンが受けられるのはオンライン英会話以外ではありえないでしょう。

初心者のうちは「短い時間でも毎日英語に触れる」というのはとても大事です。
オンライン英会話は毎日受講してもこの料金なので、本当にすごいものが登場したなぁという印象です。


注意点として、この月6000円という価格設定は「非ネイティブ講師」の料金です。
ネイティブと話せるプランは最安値でも月15000円以上はかかります。

まるさん
まるさん

オンライン英会話がこんなに安くできる理由は、人件費が日本の1/10とも言われる発展途上国の講師を採用しているからなんだよ。


2.通学の手間がない

通学型の英会話教室だとたとえ近所でもそれなりの通学時間は発生してしまいます。

オンライン英会話であれば自宅にWiFi環境とパソコンがあれば通学時間0分
忙しい社会人にとってはありがたいメリットですね。

3.思い立ったらすぐレッスンを受けられる

多くのオンライン英会話では予約制のレッスンの他に「今すぐレッスンを受ける」という機能があります
常に講師がオンラインに常駐していて、その瞬間に空いている講師がアサインされる仕組みです。

直前まで予定が分からない人にとっては大きなメリットですね。


しかし、こちらに関しても注意点があります。

直前まで残っている講師はあまり人気がない講師である可能性が高いです。
質の高い講師と話したい場合はやはり予約をするしかなさそうです。

4.いろんな国の人と話せる

オンライン英会話には多くの国籍の講師が登録しています。

アメリカ、イギリス、オーストラリアといった英語ネイティブ圏はもちろん、南アフリカやセルビアなど、日常生活であまり出会う機会が多くなかった国籍の方もたくさん登録されています。

英語を話すだけでなく、世界各国の話を聞いたり文化の違いを学んだりできるのもオンライン英会話のメリットですね。


非ネイティブはもちろん、ネイティブでもかなりクセの強い話し方をされる講師もいます

だんご
だんご

だんごもいつかペラペラになったらだんご王国代表として講師登録するんだ~


オンライン英会話のデメリット

オンライン英会話のデメリットってあまり聞かないですよね。
(デメリット語っても商売にならないからね)

自分で実際に受講してみたところ、デメリットもそれなりにあるなぁと感じました。

オンライン英会話のデメリット
  1. 生徒1人1人に向き合ったカリキュラムになっていない
  2. 通信状況に振り回される
  3. 講師の当たり外れがあり、定着しない
  4. 非ネイティブがメインで、ネイティブには別料金が発生する


1.生徒1人1人に向き合ったカリキュラムになっていない

どのオンライン英会話でもあらかじめ多数のテキスト(教材)が準備されています
大手であればレベルもしっかり分けられテーマも多く取り扱っているので、たくさんの教材の中から自分に合いそうなものを選ぶことが出来ます。

しかし言い換えると、あらかじめ準備された教材の中から選ぶしかないということです。
先生が1人1人に合ったカリキュラムを組んでくれるわけでもなく、実際に使っている学校の教科書に沿って教えてくれるわけでもありません。


マンツーマンレッスンといっても、フレキシビリティの少ない「薄利多売」のビジネスモデルであることは理解しておく必要があります。

まるさん
まるさん

この料金でマンツーマンレッスンを提供するには、1人1人に向き合う時間が取れないのは当然だよね。


2.通信状況に振り回される

実際に受講してみてすごく気になったのは講師側のネットワーク環境が悪い場合があるという点です。
特にフィリピンなどの発展途上国に講師がいる場合に途中で声や映像が途切れることが多々ありました。

通信状況が不安定だと集中力もなくなるし、まともな授業を受けれなくても授業時間は消化されてしまいます

まるさん
まるさん

通信が安定していても、オンラインでの発音矯正はやりにくいなぁという印象があるな。


3.講師の当たり外れがあり、定着しない

月額数千円台でやっているオンライン英会話の講師レベルは本当にピンキリです。

決められた教材が存在することと講師マニュアルがあることで最低限のクオリティは保っているようにも思いますが、やる気の部分で差を感じることが多いです。
講師業を生きがいとし情熱溢れる先生もいれば、暇つぶしのお小遣い稼ぎ感まる出しの講師も決して少ない印象です。

当然、やる気がある講師や教え方が上手い講師はすぐに予約が埋まってしまうので、時間に縛られず受講したい人にとってはもどかしい問題です。

まるさん
まるさん

日本の会社がやっているオンライン英会話だと、特に夕方17時~22時は人気講師の予約は取りにくいよ。

4.非ネイティブがメインで、ネイティブには別料金が発生する

ほとんどの格安オンライン英会話はフィリピン人が中心です。

初心者~中級者であれば非ネイティブでもあまり問題ありません。
私は中上級者なのでどうしても彼らの訛りや小さなミスが気になってしまいました。

ネイティブプランになると2倍以上の料金になるのでオンライン英会話の魅力はだいぶ減ってしまう印象です。

だんご
だんご

ネイティブレッスンなら【Cambly(キャンブリー)】が一番コスパ高くて有名だよ!


スポンサーリンク

まとめ

以上、オンライン英会話のメリット&デメリットをご紹介しました。

「安くて気軽」という意味ではオンライン英会話の右に出る方法はありません。
でもそれなりのクォリティを求める人にはイマイチの部分も結構あります。

  • ネイティブ講師による発音矯正
  • 自分自身の目的にあったカリキュラム構成

そういったものが欲しい人にはちょっと物足りなさを感じるかも知れません。

もうちょっと本腰いれて勉強したいと言う人には、日常を英語環境にしようというコンセプトの「国内留学」もコスパが高くておすすめです!

タイトルとURLをコピーしました